HOME > ブログ > 富裕層が選んでいる不動産賃貸事業という副業
不動産投資
2016/01/25

富裕層が選んでいる不動産賃貸事業という副業

管理者用
ブログ
資産家や富裕層は、手にした資産をより増やすために資産運用先の情報収集に余念がありません。その投資先の1つとして不動産賃貸事業という選択肢は一般的な運用方法として定着しています。

本業で忙しくしている資産家や富裕層が、その資産を守り増やすために行っている不動産賃貸事業とはどのようなものか、その魅力をお伝えしていきます。


不動産賃貸事業とは

不動産賃貸事業とは読んで字のごとく、土地や建物などの不動産を貸し出して収入を得ることです。

不動産で収入を得ると聞くと地主や大家さんの事だと想像できると思いますが、地主や大家さんでイメージするのは、ご先祖様から引き継いだ土地を活用して家賃を得ているご年配の方や、いろいろなところに土地を持っている資産家を思い浮かべる方が多いようです。

しかし、最近ではマンション経営や賃貸経営といわれ、新聞やニュースでも取り上げられているように不動産投資がより身近になり、副業として不労所得を得るために実践している方がとても増えています。

不動産賃貸事業とは、今注目されている「不動産投資」のことです。


不動産といってもいろいろあるのでは?

不動産投資といってもマンションや戸建賃貸だけではなく、土地や駐車場、事務所や店舗、商業ビルやホテル、工場や倉庫などその種類は豊富で選択肢は多岐にわたります。

その中でも特に人気があるのが中古ワンルームのマンション経営です。

サラリーマン大家さんという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、最近では節税対策や年金対策を目的にマンションの一室を区分所有することが多く、土地やまとまった資金がなくてもはじめられるワンルームマンション投資に注目が集まっています。


ワンルームマンションに投資する理由は?

本業が忙しい富裕層の方が行っているのも資産運用としてマンションなどを所有し、兼業大家さんとなり副業として不労所得を得ています。

富裕層の方々はその資産をさらに増やすということよりも、それを減らさずに次の世代へ遺すことに重きをおいている方が多いようですので、さまざまな金融商品のなかでも不動産投資を資産運用先の定番として選ぶ理由はやはり安定したキャッシュフローと実物資産というところが魅力的なようです。

継続して保有することがキャッシュフローを途絶えさせずに資産を増やしてくれる方法であり、安心と安全を得ながら長期に渡る運用先として長く好まれてきた方法です。


サイドビジネスとして続けられる理由は?

不動産投資がサイドビジネスとしても成り立つのは、管理会社に任せられるところが大きいです。

本業の事業が忙しい富裕層の方が長く続けられているのは、物件にかかわる業務を管理会社に代行してもらえるところに理由があります。

もちろん自分で全てを管理することも可能ですが、副業に手を煩わせていると本業のパフォーマンスも落ちてしまいます。
やはり専業で不動産投資をしていないのであれば、信頼できる管理会社にお任せするのがベストな選択だと富裕層の方はわかっています。


不動産の知識がないけどできるの?

上述しましたが、最近ではサラリーマンの方や本業がある方が副業ではじめている通り手軽にはじめられ、面倒な管理も必要ありません。

不動産投資に必要そうで不要なものの中には資格や免許、専門知識も必ずしも必要というわけではありません。また、事業を行うにあたっての自己資金もローンを利用することによって多額の現金は必要なくはじめられます。

他の事業を行っている富裕層の方が、必ずしも不動産に精通しているから成功しているというわけではないのです。


まとめ

富裕層が選んでいる不動産賃貸事業とは今注目されている不動産投資のことで、サラリーマンの方にもより身近になりはじめやすいということがわかっていただけたでしょうか?

資産を減らすことなく家族のために遺すことを目的に、手間の掛からない運用方法として定番の不動産投資とは、リスクをとっても長期でのリターンが十分に期待できる投資先であり、将来にわたって安定したキャッシュフローが得られる実物資産です。

賢明な富裕層はご自身とご家族の将来のために実践しています。
サラリーマンや事業主のかたも、本業があってもはじめられる不動産投資について情報収集しておくと役に立つと思います。


イマジン・コーポレーションでは不動産投資セミナーも無料で開催していますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。セミナーのご案内はこちら→

ご質問、お問い合わせは電話のほか、メールでも承っております。お気軽にご相談ください。
お問い合わせ


関連記事