<![CDATA[ブログ]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/ Fri, 27 Nov 2020 20:04:33 +0900 Mon, 02 Sep 2019 12:26:31 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[11期目を迎えました!!!]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/09/02/105 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです!

2019年9月1日、イマジン・コーポレーションは無事に11期目を迎えることが出来ました!!
これもひとえに、弊社を長年ご愛顧いただきました皆様のおかげです。

この10年間で出会うことのできたお客様ひとりひとりが弊社の財産であり、出会えたご縁にとても感謝しております。

これまでのご縁を大切に、そしてこれからも皆様の幸せな未来を想像して創造し、最高のご提案をさせていただきます!!

今後ともイマジン・コーポレーションをどうぞよろしくお願い致します。
        

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Mon, 02 Sep 2019 12:26:31 +0900
<![CDATA[9割の若者が抱える将来への不安]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/07/19/104 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです!

今日、東京では久しぶりに青空と太陽が顔を出し、3週間ぶりの真夏日となりました!
みなさま、水分をしっかりと補給し、体調を崩さないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

さて、さっそくですが、このブログを読んでいる皆さまの中でも将来の年金に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

私もそのうちの一人です。
年金不足と言われている現状、老後はどうなってしまうのか…不安はつきないですよね。

今回はそんな年金受給に関する興味深い記事を見つけたので皆さまにお話をしたいと思います!

預金だけではダメ!!

これからさまざまなライフイベントを抱えている20代~30代の約9割が年金不足に関して不安を抱えていることがわかりました。

そのなかでも約7割の若者が「将来年金を受給することができない」と感じており、そのうち6割以上の方が老後の資金対策を行っていることがわかりました。

現在行っている対策として最も多かったのは「貯金」でした。

ですが、“超低金利時代”の今、普通預金の金利は0.001%とされているので、100万円に対しての利息はたったの10円にしかならないのです。

このような状況だからこそ、銀行預金だけではなく、他に資金を増やす手段をとることが重要です!

現在、税収が足りていない日本では、年金受給年齢の引き上げや、減額などが確実に行われます。

預金だけでは将来への対策は不十分であり、安定した収入があるうちから投資をはじめ、資産形成をしていくことが将来の安定につながる重要な対策の一つといえます。

例えば、不動産を購入し、ローン返済が終われば家賃はすべて収入になります。

また減価償却が終わり、節税効果が薄くなった場合は売却することで資金が得られます。

預金をしながら、不動産投資で資産形成していくことで、安心した老後を送ることが出来るので、これからは長い目でみて安心して資産を増やすことができる不動産投資の時代へと移行していくでしょう。

安泰な老後を過ごせるように資産運用の重要性を理解し、しっかりと人生設計を立てることはとっても大切なことですので、今一度将来について真剣に考えてみてくださいね。           

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Fri, 19 Jul 2019 15:18:21 +0900
<![CDATA[「イマジン」に込められた想い]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/07/12/103 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

さて、今日はイマジン・コーポレーションについてもっと知ってもらいたい!

との想いから社名「イマジン」の由来についてお話をしたいと思います!!

「イマジン (Imagine) = 想像する」の意味がありますが、弊社の社名「イマジン」にはお客様への強い想いが詰まっています。

イマジン・コーポレーションは一人一人のお客様の幸せを「想像」し、笑顔になれるサービス・商品を「創造」し、最高なご提案をすることを大切にしながら不動産投資のお手伝いをさせていただいております。

創造とは“独自の考えで新しく作り出すこと”を意味しますが、物件のご提供だけではないイマジン・コーポレーションならではの付加価値を創造することで最高なご提案ができると考えています。

不動産投資のお手伝いをするということは、その方の人生に関わることだと考えており、ご縁があり、出会うことのできた皆様の人生がより一層豊かになり、たくさんの幸せが訪れることを「想像して創造し、最高のご提案をする」ことがイマジン・コーポレーションの信念です。

この信念こそが「イマジン」に込められた想いなのです。

不動産投資で人生を豊かにし、これからさらにたくさんの幸せが訪れるようにお手伝いをすることが、イマジン・コーポレーションの幸せなのです!

このブログを通して、少しでも弊社の想いが皆様に伝わったら嬉しいです!
          

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Fri, 12 Jul 2019 16:18:16 +0900
<![CDATA[オーナー様から繋がる新しい関係!]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/07/02/102 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

先日の梅雨入りの日からブログの更新が途絶えてしまい申し訳ございませんでした。
じめじめ蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?
梅雨の時期になると、同時に一年の半分が過ぎたんだ。。。と実感します!
早いですね~!

さて、弊社はこれまでたくさんのお客様に出会い、今日までたくさんの物件をご紹介させていただきましたが、オーナー様にご提供させていただいている物件は宝探しのように見つかったとっても貴重な物件です。

東京にはたくさんの物件情報が出ていますが、すべてが不動産投資に良いわけではありません。

良い物件を見極めるのはとても難しく、あらゆる情報を確認し、入居率の高い物件を見つけ出すのは簡単ではありません。

ましてや、働きながら不動産投資を行ううえで、正直そこまで考えている余裕がないのが現実ですよね。

そうなると、不動産投資会社の存在がとても重要になってきます!

大手から中小企業まで不動産投資を扱っている会社はたくさんあるので、どの会社を信頼するべきか…とても難しく会社選びでさらに一苦労。。。

投資にありつくまでの道のりが長くなり、後回しになってしまう方も多いのではないでしょうか?

そんな中、不動産投資を行っている知り合いから紹介で始められたらとっても安心だと思いませんか?

どんな口コミを見るよりも実体験をしている人の声は一番信頼性があります!

イマジン・コーポレーションは、不動産業界では珍しいオーナー様から新しいオーナー様をご紹介していただき、今日までたくさんのオーナー様とのご縁をいただくことができました。

オーナー様を一番に想い、そのご家族まで幸せになれることを想像しながら一人一人のお客様に合ったご提案をさせていただいております。

そのため、弊社では物件の仕入れにはとてもこだわっており、一切妥協はしません!

オーナー様に安心してご購入していただくために、山ほどある物件の中から最高の物件を見極めて選んでいます。

お宝のように、良い物件は奥底に眠っていて簡単には見つかりません。根気強く毎日毎日物件情報を確認し、良い物件を探しています。

そして、見つけた物件は必ず現地に行き、立地・周辺環境・管理状況などを確認し、全ての条件がそろった物件のみをご提供しています。

絶対に妥協しない物件選びと、業界歴の長い社長の目利きによって選ばれた物件は、空室率がとても低く、オーナー様に大変ご満足していただいているので、弊社ではオーナー様から新しいオーナー様をご紹介していただくことが現実になっているのです!

最高な物件をご提供し、一人でも多くのお客様の笑顔が見られるように今日もお宝探し頑張ります!!!
                  

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Tue, 02 Jul 2019 11:10:19 +0900
<![CDATA[【地震保険未加入の方必見!!】火災保険だけじゃダメなんです!]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/06/14/101 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

先日のブログでは災害のリスク【地震】についてお話をさせていただきましたが、リスク対策の中でも一番重要なことは「保険に加入する」ことです。

新耐震性のマンションが倒壊しないとはいえ、災害などに遭った場合、住宅が何かしらの被害を受ける可能性があります。

そんなとき、家賃収入が入らない、ローンの支払い、修理費用・・・
などたくさんの支払いが発生し負担が重くなります。。。

日本ではたくさんの地震が発生し、震災被害も出ているにも関わらず、地震保険の世帯加入率は約3割程度しかありません。

ということで、今日は地震保険について詳しく説明していきたいと思います。

地震保険と火災保険

まず、住宅を購入する際に加入する保険の1つとして、火災保険がありますね。

「保険に加入していれば地震で発生した火災などの災害もカバーしてくれる」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

それでは補償内容を比較してみましょう!


一番注意しなくてはいけないことは、

火災保険に加入しているからといって地震による災害補償はありません!!!

補償内容が大きく違うので気を付けましょう。

生活復興のための保険

地震保険は受けた被害の全額を補償するのではなく、生活再建のサポート資金として与えられるものになります。

したがって、保険金額は火災保険で設定された金額の30~50%までの保証となり、住居の建て替えを補償するものではありません。

また、地震保険は火災保険との加入が義務付けられているので、オプションとして加入することになり、単体での契約はできません。

そのため、2つの保険に加入することで、高額な保険料になることから加入をためらう方が多いのも現状です。

ですが、この地震保険で受け取る保険金は被災者が生活を再建するために自由に使用することができる資金となるのです!

災害に遭った場合、家賃収入が途切れ、ローンの返済が残っている、そのうえ修理費用も必要…

そんな状況下でも地震保険に加入していれば、不足の事態に備えることができるのです。

国も補償している保険

そして、過去の大震災からもわかるように、地震による被害は巨額な損害をもたらすことから、民間の保険会社だけではなく政府と共同して運営しています。

そのため、火災保険と違い、補償内容や保険料はどの会社で契約しても同じ条件になります。

地震保険料は一律なのでどうあがいても安くなることはありませんが、火災保険は保険会社によって異なるので、まずは他社を比較して自分にあう火災保険に加入することが大切です!

まとめ

地震保険が住居を建て直すための保険ではなく、「生活復興のための保険」ということをおわかりいただけましたか?

東日本大震災(2011年)や熊本地震(2016年)を経て、地震保険の加入率は徐々に高まっていますが、いまだに世帯数で見ると加入率は低いのが現状です。

自由に使える地震保険金は、災害時の損失を最小限に抑えるために大切なリスク対策の1つです。

まだ、地震保険に加入されていない方は今一度、ご自身の保険内容を見直してみてくださいね。

 
「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Fri, 14 Jun 2019 11:15:00 +0900
<![CDATA[災害時のリスク対策行っていますか?]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/06/11/100 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

先週末から関東も梅雨入りとなり雨が続きましたね。
梅雨の時期は大雨による災害の発生しやすい時期ですので、みなさま十分に気を付けてお過ごしくださいね。

さて、2018年を振り返ってみると、日本各地ではさまざまな災害に見舞われました。

地震・洪水・台風・火災などの災害は誰しもが予測不可能ですよね。

なかでも、日本は地震大国と言われており、数えきれないほどの地震が発生していますが、いつ・どこで発生するかわからない地震に対し、中古投資物件の耐震性は大丈夫なのか。。。

心配ですよね。

ですが、いつ・どのような状況でも対応ができるように対策を行うことでリスクを減らすことに繋がります!

今日は「地震のリスクと対策」についてお伝えしていきたいと思います!

新耐震基準の物件を選ぶ

地震により、建物が崩壊した場合は家賃収入が得られないだけではなく、修復するための費用が発生します。

そして、崩壊までとはいかなくても地震により破損してしまうことのほうが多く考えられるケースだと思います。
震災が起こるたびに耐震基準は見直されてきており、昭和56年(1981年)6月1日以降に施行された基準を「新耐震基準」と呼び、それ以前のものを旧耐震基準としています。

大きな違いとしては、旧耐震基準では震度5で倒壊しないという基準でしたが、新耐震基準では震度6強に基準があげられました。

実際、阪神淡路大震災(1995年1月17日)や東日本大震災(2011年3月11日)でも、新耐震基準によって建設されたマンションはほぼ倒壊していません。

震度6強でも倒壊せず、耐震性に優れているとされている新耐震基準によって建設された物件を選ぶことが大切です。

建物の構造にも要注意!

建物の構造には
木造・軽量鉄骨・重量鉄骨・鉄筋コンクリート(RC)・鉄骨鉄筋コンクリート(SRCがあります。  


基本的にビルやマンションには鉄筋コンクリート(RC)か鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)のみ、低層階のアパートには鉄骨造が使用されます。

なかでも耐震性・耐久性が一番優れているのが、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)です。

SRCは強度が一番強いので、主に10階以上の高層マンションやタワーマンションに使用されています。

また、需要が高いワンルームマンションは間取りの関係上、壁・柱・梁の量が多いので耐震性が強いとされています。

ですので、耐震性の強い物件の条件として、ワンルームマンションでSRCの物件は一番だと言えますね。

もちろんこうした災害が起こらないことが一番ですが、現実的に天災を避けることは厳しいので、万が一に備えて地震保険にも加入しましょう。

地震保険に加入することで、万が一の時に生活を立て直す役割を果たしてくれます。

起こってからでは遅いです!

常にリスクとはきちんと向き合っていくことが大切です。

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Tue, 11 Jun 2019 12:49:07 +0900
<![CDATA[オフィスがさわやかに変身しました!!]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/06/07/99 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

いよいよ関東地方も梅雨入り間近となり、東京は朝からどんよりとさえないお天気ですね。
今日は午後から雨・風が強くなるようなので、みなさまくれぐれもお気をつけくださいね。

これからじめじめイヤな湿気との闘いがはじまりますね。
カラッとさわやかな風が吹く場所に現実逃避したい…と考える日々。

毎年そんなことを思いながらこの時期を過ごしている方が多いのではないでしょうか。

そんな季節ですが、弊社オフィスは心機一転さわやかな風をみなさまにお届けしたく、エントランスホールと室内に素敵な観葉植物を設置しました!!!

今までシンプルだったエントランスもこんなにさわやかに変身しました。


いかがですか?!

エレベーターを降りたら鮮やかなグリーンでお出迎えです。
癒されますね~!!!

つやつやしてかわいいハート型をしたアンスリウムをポイントにかわいくデザインしていただきました。


さらに、入り口を入ると、ドドーンとパキラがお出迎えです!


観葉植物には空気を清浄する効果もありますが、なにより癒し効果が抜群です。

イマジン・コーポレーションのオフィスにお越しいただいたみなさまに、少しでも癒しを感じていただけたらうれしいです!

 
「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。



]]>
Fri, 07 Jun 2019 11:20:12 +0900
<![CDATA[空室リスクを最低限にするためには?]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/06/04/98 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

不動産投資に限らず、投資には必ずリスクはつきものですよね。
利益額が多ければリスクも大きくなりますが、弊社ホームページでもお伝えしているとおり、一般的に不動産はミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

リスクはできるだけ最小限に抑えたいのがみなさんの願いですよね。

どのようなリスクがあるのかきちんと理解した上で、効果的な資産運用を行えるように今日は不動産投資では最大のリスクと言われている「空室リスク」とその対策についてお話していきたいと思います。

家賃収入が入らない!

不動産投資において空室状態になることが1番のリスクではないでしょうか。

家賃収入が入ってこないと、毎月のキャッシュフローがマイナスになってしまい、資産を増やしたくて不動産投資を始めたのに、資産が減っていく。。。

なんて状況は絶対にさけたいですよね。

リスク対策をしっかりと行い、空室状態を続かないようにすることがとっても重要です。
では、どのような物件が空室になりにくいのか考えていきましょう!

不動産需要が旺盛なエリアを狙うべし!

まず、1番大切なのは賃貸需要が旺盛なエリアの物件を購入するということです!

入居者のニーズを考えてみましょう。

「駅まで徒歩10分圏内、周辺環境が良く、設備が良く、間取りも良く、安心できる管理会社のサポートがある」

こんなに好条件な物件「即入居!!」とハンコ押したくなりませんか?
私ならこの条件で家賃さえ合えば即入居します!

実際、このような好条件なお部屋はすぐに入居者が見つかります。ましてや、東京都心部では地方より多少家賃が高くても需要があります。

「安心できる将来のために」で東京は人口と世帯数の増加により、国内でNo.1の不動産投資経営ができるエリアだとお話させて頂きました。
東京都では多くの賃貸需要があるため、築年数が20年~30年経っている物件でも1割程度しか家賃が下落していません。それだけ都心部に多くの入居希望者がおり、賃貸需要が高いことがわかりますね。

一方、東京23区ではワンルームマンション規制によって新しく建物を建てることが厳しい状態です。

ということは、住みたい人は増えるけれども、部屋を賃貸することが難しく、今後はこの規制によって都心部のワンルームマンションの希少価値が上がる可能性が高いと言えるでしょう。

このように需要が増えているけれども供給が間に合っていない東京都心部は空室リスクが低いのです。

よって、好条件の物件であれば入居者が見つかりやすく、空室状態を極力短い期間に抑えることができるでしょう。

また、大学などの近くの物件は学生による需要があるのでワンルームマンションの需要が高いでしょう。学生は常に卒業・入学とサイクルしていますので絶えることのない入居が見込めます。

このように人口の増加、立地、家賃相場など、入居者のニーズを先取りした物件を探すことが空室リスクを下げられる対策なのです。
需要の高いエリアでの不動産投資を行うことで、空室のリスクを軽減できる可能性がありますので物件購入の際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

それでも空室リスクは不安!
というみなさまにはサブリースなどの家賃保証もありますので、お気軽にお問い合わせください。


「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Tue, 04 Jun 2019 11:00:04 +0900
<![CDATA[不動産投資ローンと賢く付き合おう!]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/05/31/97 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

不動産の購入を考える際に必ず必要になってくるのがローンの問題です。
自宅目的で買う不動産と、投資目的で買う不動産ではローンの種類が異なります。

さまざまな情報が飛び交う世の中、間違った情報を信じて失敗しないように知識を身に着けておくことが大切ですので今日は2種類のローンの違いについてお話したいと思います!

不動産投資ローンとは?

不動産ローンの中でもっとも知られているのは「住宅ローン」ですよね。

不動産投資においても、物件や一棟アパートなど投資による利益を目的として購入する場合「不動産投資ローン」を利用することは一般的です。
ですが、「住宅ローン」と「不動産投資ローン」には大きな違いがあり、投資目的で購入する不動産に「住宅ローン」は組めません。

金利が低いから…

と住宅ローンで組んでしまうと違法になってしまい取り返しのつかないことになってしまいますので注意が必要です。

では、住宅ローンと不動産投資ローンは何が違うのか比較していきたいと思います!

住宅ローンと投資ローンの違い

この2つのローンの最大の違いは「購入目的」「返済原資」です。

住宅ローンの場合は自宅を購入する目的のためのローンですので、契約者本人の名義でしかローンを組むことができません。

また、住宅ローンは個人が対象となるので、ローンの審査基準としてあくまでも契約者本人の属性を見て判断され、返済原資である「毎月のお給料」が重要となってきます。ですが、一般的には収入が安定していれば返済が滞る可能性は少なくなるのでローンを組みやすい傾向にあります。

一方、不動産投資ローンの場合は不動産事業を行い収益を得るので法人でも契約が可能です。

しかし、不動産投資となると、入居者が入らないと安定した家賃収入がなくなるため、継続的な返済に不安要素が多いと判断されてしまいます。そのため、金融機関は「個人の属性評価」「物件から得られる利益」を見て細かく審査していきますので住宅ローンとは異なり、審査基準が厳しいと言われています。

また、不動産投資ローンは安定した家賃収入がないと貸倒れになってしまうリスクが高いので金利が住宅ローンに比べて高くなっています。ですが、毎月安定した家賃収入が見込める物件であれば、評価は高くなり融資額、融資年数なども有利です。

ですので、立地、構造、築年数などが大きな融資審査のポイントになってきますので、物件を購入する際にこういった情報をきちんと確認することも大切なことです!

リスクも把握しておこう!

また、安定した家賃収入を得られる物件であれば、家賃収入から必要費用、ローン返済の支払いをしても利益は残っていきます。

ですが、物件の入居率次第では家賃収入からのローン返済が困難になり、自己破産した場合には不動産を手放さなくてはいけない、そして他のローンへのリスクもあるので、物件選びはとても重要なのです!

不動産投資ローンは資産形成の上で役立つものですが、リスクも理解した上で自分にとって最適な投資ローンと信頼できる不動産会社を見つけることが成功のカギです!

賢くローンと付き合って、レバレッジ効果を利用していくことで、安定した資産運用が実現するでしょう!


「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Fri, 31 May 2019 12:05:28 +0900
<![CDATA[購入者・居住者の意識の変化]]> http://www.imagine-c.co.jp/blog/2019/05/24/96 こんにちは。
イマジン・コーポレーションです。

みなさんは戸建てとマンションどちらに住まれていますか?
今やライフスタイルの変化などにより、10人に1人がマンションに住む時代になっています。

さて、先月、国土交通省によって5年に一度実施される「マンション総合調査」の結果が発表になりとても興味深い結果となりました。
マンション選びのポイントにもなると思うのでみなさんにもぜひシェアしたいと思います!!

マンション永住志向が過去最高率

国土交通省によってまとめられた2018年度「マンション総合調査」によると、マンションに永住するつもりの入居者が過去最高の62.8%となった。

1980年(昭和55年)、マンションへの永住意識はとても低く21.7%しかない状態でした。当時はいずれ戸建てに住み替えると考えている方が多く、一時的な住まいとしてマンションを選ぶ方が多かったのですが、約40年もの間でマンションに永住したいと思う入居者が40%も増えているのです。
表①.png
(出典/国土交通省「平成30年度マンション総合調査」より転載)


利便性重視は7割越え

では、入居者は何を重視してマンション選びをしているのか見ていきましょう。

以前の「安心できる将来のために」のブログ立地の良い物件が一番重視されているとお話しましたが、やはり今回の調査結果でも72.6%の人が「交通の利便性」を重要視していることがわかりました。

そのほか、上位に入っている内容をみると「日常の買い物環境」「医療・福祉・教育などの公共施設の立地」「周辺の自然環境」「眺望」などマンションの基本性能よりも利便性を重視した需要が高いことがわかりました。

 表②.png
マンション購入の際に考慮した項目(複数回答)
※新規調査項目(出典/国土交通省「平成30年度マンション総合調査」より転載)

管理状況について

さらに、マンション居住者の満足度は高く、管理会社による共有スペースの管理や緊急対応に関するサービスが良く、住まいに快適さを感じている世帯が多いことも永住率が高い理由といえます。

一方でマンション管理の状況をみると、53.6%のマンションが修繕積立金の額を設定しているのに対して、全体の約35%のマンションで積立金が不足していることがわかりました。

さらに区分所有者の高齢化が進展していることにより、マンション管理組合運営において、外部専門家の理事会役員を検討しているマンションも増えているのです。

現状、70歳以上の入居者の割合が5年前に比べて+3.3%【22%】の割合となっており、1979年以前のマンションにおける70歳以上の入居者が47.2%ととても高い割合となっているのです。

加えて、完成年次が古いマンションほど空室の割合が高くなる傾向がわかりましたが、空室マンションの割合は5年前に比べて3.6%減少していました。

今回の調査の結果から、マンション選びでは

  • 利便性
  • 管理会社の良さ
  • 管理規約の妥当性
  • 管理費・修繕費の額が十分であること

を重要視していることがわかりました。
マンション購入を検討されているみなさまの少しでもお役に立てたらうれしいです!


「想像して創造し、最高のご提案をする」
不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!

最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

]]>
Fri, 24 May 2019 10:32:19 +0900