HOME > ブログ > 9割の若者が抱える将来への不安
不動産投資
2019/07/19

9割の若者が抱える将来への不安

Web Unit 1
ブログ

こんにちは。
イマジン・コーポレーションです!

今日、東京では久しぶりに青空と太陽が顔を出し、3週間ぶりの真夏日となりました!
みなさま、水分をしっかりと補給し、体調を崩さないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

さて、さっそくですが、このブログを読んでいる皆さまの中でも将来の年金に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

私もそのうちの一人です。
年金不足と言われている現状、老後はどうなってしまうのか…不安はつきないですよね。

今回はそんな年金受給に関する興味深い記事を見つけたので皆さまにお話をしたいと思います!

預金だけではダメ!!

これからさまざまなライフイベントを抱えている20代~30代の約9割が年金不足に関して不安を抱えていることがわかりました。

そのなかでも約7割の若者が「将来年金を受給することができない」と感じており、そのうち6割以上の方が老後の資金対策を行っていることがわかりました。

現在行っている対策として最も多かったのは「貯金」でした。

ですが、“超低金利時代”の今、普通預金の金利は0.001%とされているので、100万円に対しての利息はたったの10円にしかならないのです。

このような状況だからこそ、銀行預金だけではなく、他に資金を増やす手段をとることが重要です!

現在、税収が足りていない日本では、年金受給年齢の引き上げや、減額などが確実に行われます。

預金だけでは将来への対策は不十分であり、安定した収入があるうちから投資をはじめ、資産形成をしていくことが将来の安定につながる重要な対策の一つといえます。

例えば、不動産を購入し、ローン返済が終われば家賃はすべて収入になります。

また減価償却が終わり、節税効果が薄くなった場合は売却することで資金が得られます。

預金をしながら、不動産投資で資産形成していくことで、安心した老後を送ることが出来るので、これからは長い目でみて安心して資産を増やすことができる不動産投資の時代へと移行していくでしょう。

安泰な老後を過ごせるように資産運用の重要性を理解し、しっかりと人生設計を立てることはとっても大切なことですので、今一度将来について真剣に考えてみてくださいね。           

「想像して創造し、最高のご提案をする」

不動産投資に関することはイマジン・コーポレーションにおまかせください!
最後までブログをお読みくださりありがとうございました。

関連記事