HOME > 投資用マンション経営のお役立ち情報 > マンション経営で節税

マンション経営で節税

マンション経営のメリットの一つに節税があります。どんな節税ができるのかについてまとめました。

所得税の税金対策

賃貸マンションのオーナーは、確定申告で「損益通算」を行うことができます。
まず、マンション経営による賃貸収入から、マンション経営にかかった必要経費を差引きます。その差額が賃貸収入を上回ると「税務上赤字」になります。マンション経営(投資)で税務上赤字になる部分を給与所得などから差引くことで「損益通算」となります。
所得合計が少なくなることで、所得税が節税でき、「所得税の還付」を受けることができるのです。
  所得税の税金対策

住民税の税金対策

住民税は前年度の収入(納税額)で算出されます。マンション経営を行うと、上記の通り確定申告で損益通算をすることができるので、住民税の減税が可能です。

不動産所得とは

マンション経営で家賃収入を得ると、不動産事業を行っていることになります。その際、家賃収入を得るための必要経費が認められます。

 

【不動産所得】=年間家賃収入-必要経費

※必要経費内訳
1.金利(借入した時の金利で建物部分が認められます)
2.建物の減価償却(建物47年・付帯設備15年)
3.登記費用・ローン諸費用(初年度のみ)
4.火災保険料
5.租税(取得税・固定資産税・都市計画税)
6.マンションの管理費
7.交通費・通信費

 

以上が必要経費で認められます。この必要経費があるために不動産所得は赤字になるのです。給与所得と合わせて確定申告し損益通算することにより、減税が可能です。

 

>> 詳しくはお問い合わせください

ほかにも、こんな節税も見込まれます

■相続税の税金対策
現金や証券などの金融資産は100であれば100と評価されますが、マンションの場合、評価額は、固定資産税評価額で算出されるため、相続税額が少なく算定されます。
 
さらに、その物件でマンション経営を行っていれば、貸家建付地となるため評価額が減額されるなど、さまざまな控除が適用されて評価額が下がります。
  ほかにも、こんな節税も見込まれます

確定申告を行いましょう

以上のように、マンション経営(投資)を行うことでさまざまな形での節税が可能となります。
 
確定申告は国税庁のHPでもおこなえます。
(国税庁:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
  確定申告を行いましょう
前のページへ   次のページへ
  • TEL:03-5312-5401
  • ご相談・お問い合わせ