老後にかかる費用

生活費はどのくらい?

総務省「家計調査」によると、世帯主が60歳以上、無職世帯の1カ月の支出は下記のようになっています。
これは、あくまでも平均の金額です。それぞれのご家庭によって異なりますので、現在の家計支出と比較してみましょう。老後はお子さまの教育費などはかかりませんが、基本生活費が、これより多いか少ないかは現在の支出からもある程度推測できるでしょう。

食費 51,434円
住居費 15,183円
水道光熱費 18,601円
家具・家事用品 8,195円
被服等 6,366円
保険医療費 12,325円
交通・通信費 21,575円
教育・教養娯楽費 23,113円
その他の消費支出 48,837円
合計 205,629円   ※ 「家計調査年報」平成24年より
公的年金で貰える平均金額は、月額14万9000円程。足りないことは明白です。
 

「年金対策」「老後資金」を目的とした投資マンション

公的年金だけでは、老後の生活費・医療費・税金をまかなえないので、私設年金を始める方が増えています。そのひとつの方法として、安定した収入が得られる投資マンションが注目を集めています。
投資マンションをローンで購入した方であれば、繰り上げ返済などを利用してできる限り早めに返済することで、老後の収入源になります。


このような点から、今の投資マンションは「年金対策」「老後資金」を目的に始める方が増えているのです。

  金利の違いと土地価格の違い
前のページへ    
  • TEL:03-5312-5401
  • ご相談・お問い合わせ