マンション経営の上でのリスク対策

マンション経営のリスク対策についてまとめました。

空室リスク対策

空室は、オーナー様にとって最大のリスクです。この対策として、まず「空室になりづらい物件」を購入することが重要です。詳しくは、「投資マンション購入時の注意点のページでも触れていますが、立地・グレード・管理会社・築年数の確認と、購入後は入居者退出時にリフォームを行うなど資産価値を高めておくといった対策が考えられます。


また、「家賃保証契約」を利用することで、入居者がいなくても家賃が確保できます。

  空室リスク対策

金利上昇のリスク対策

変動金利型のローンで物件を購入された方は、将来、金利が上昇した際に返済額が増加するリスクがあります。特に現在は低金利が続いていますから、今後上がっていくことも予測されます。しかし、金利上昇は景気が良くなるタイミングでもあり、家賃価格も上がることが多いのです。


また、繰上げ返済をして少しでも元本を減らしておくことも一つの方法です。まとまったお金ができたら繰上げ返済に充てるようにしましょう。

  金利上昇のリスク対策

天災地変・災害のリスク対策

火災保険の加入は必須ですが、その他に地震保険の加入もおすすめします。
地震保険では、地震による火災や津波などで被害を受けた建物・家財について、損傷の度合いに合わせた金額での補償が受けられます。

このほか最近では、賃貸物件内での孤独死や自殺、犯罪など、いわゆる”事故物件”に対する保険も出ています。こうした損害保険もあるので、加入を検討しても良いでしょう。

  災害・天災のリスク対策

老朽化・維持管理費のリスク対策

マンションを所有すると、維持するのに管理費・修繕積立金を支払う事が必要です。修繕積立金は徐々に値上げしていく方法が一般的ですが、長期修繕計画を参考に、家賃の一部を蓄えておくといいでしょう。

また、修繕や設備改善など自然消耗の場合はオーナー負担となり、入居者が退去した後は次の入居者に備えてクリーニングが必要です。このクリーニング代は入居者が負担します。また、クリーニングに加えてクロス(壁紙)やフローリングの張替えが必要になる場合もあります。


こうした退去後のメンテナンス費をできるだけ抑えるため、イマジンではクロスやフローリングの張り替えを安価に提供できる体制を整えております。また、クロス張替えの必要がない洗えるクロス等のご提案も可能ですので、詳しくはご相談ください。

 

>> 管理を委託する

  維持管理費のリスク対策

流動性リスク対策

不動産は他の金融商品と比べると、売却するのに時間がかかるために流動性リスクがあると言われています。この対策として「空室リスク対策」や「投資マンション購入時の注意点」でも触れているとおり、ニーズのある立地で賃貸需要があり、管理の行き届いた物件が人気もあり売却もしやすいといえます。
資産価値の落ちにくい物件を選ぶことが重要であり、短期間での売却を可能にします。

 
前のページへ   次のページへ
  • TEL:03-5312-5401
  • ご相談・お問い合わせ