HOME > 投資用マンション経営のお役立ち情報 > マンション経営のメリット

マンション経営のメリット

ローンの利用で少額自己資金で投資できる

 マンション経営と聞くと、資産家や会社役員などの富裕層しかできないと思っている方が多いのですが、金融機関が物件を担保に融資しますので、頭金と諸経費のみでマンションのオーナーになることができます。
 merit_01.png

相続税の対策になる

金融資産を相続する場合、現金や証券は100なら100と評価されますが、不動産の場合の評価額は「固定資産税評価額」で算出されるため、相続税評価額が少なく算定されます。

また、その物件を賃貸に出してマンション経営を行った場合はさらに減額され、現金での評価額の1/3位まで引き下げることができます。

merit_02.png

年金対策として利用できる

マンション経営は長期的に安定した賃料収入(インカムゲイン)が見込めます。
各種調査によると老後の生活を送るために、公的年金だけでは不十分と考えている方が多く、定年を迎えたあとは収入より支出のほうが上回るため、預貯金を切り崩して生活することになります。

そこで、マンション経営による収入を将来のための貯蓄にまわしたり、老後は生活費を補うために活用できます。

merit_03.png

生命保険として活用できる

ローンを利用してマンションを購入した場合、団体信用生命保険に加入することになります。これは契約者が万一の死亡や高度障害になったときに、ローンの残債を保険金で完済してくれるものです。

遺されたご家族には、ローンのないマンションから得られる賃料収入を、遺族年金として活用できます。また、売却することによりまとまった現金を生命保険の代わりとして利用できます。

merit_04.png

高利回りを期待できる

利回りとは、投資した金額に対して得られた金額の割合になります。

不動産投資における利回りには、大きく分けて2種類あります。

1つは収益率を比較するときなどに用いられる「表面利回り」と、もう1つはマンション経営することによってかかってくる経費を差し引いて計算した「実質利回り」です。

merit_05.png
merit_06.png

インフレ対策になる

経済が成長していくと、自然と少しずつインフレ(インフレーション)になり、相対的に貨幣価値は低下し物価は上昇します。

インフレ経済下での現金は、一定以上の利回りで運用しなければ実質的な資産価値は目減りしてしまいます。

つまり、現在の100円で買えていたものが、将来は100円では買えなくなってしまいます。

実物資産であるマンションは、物価が上昇すれば資産価値や家賃の上昇も見込めますので、インフレ時の対策としてとても有効な資産運用になります。

merit_07.png

所得税・住民税の節税効果がある

マンション経営を行って、不動産所得が赤字になった場合には給与などの他の所得と損益通算し、確定申告をすることで所得税・住民税の節税になります。

初年度は購入時の諸費用を所得から引けるため節税効果は期待できますが、2年目以降の節税効果は徐々に薄くなります。

merit_08.png